目の奥が痛む頭痛!東洋医学的にはこのようにみます

頭痛と一緒に目の奥が痛む症状を持っている方は、意外と多いかと思います。

パソコンを使用するデスクワークの方に多いかと思いがちです。

しかし、現在はスマホを見過ぎて同様の症状になる方が増えています。

今回は、鍼灸師の立場から東洋医学的な考え方について書いていきますね。

1、西洋医学的な原因は?



原因はいろいろ考えられます。

頭痛で目の奥が痛む場合

◯眼精疲労
◯近視や老眼の進行
◯緑内障

これらでしょうか。

あと

◯脳腫瘍
◯重度の蓄膿症
これらの場合もあります。

ちょっと驚かせてしまったかもしれませんね(^o^;)
もし気になるようでしたら、病院での検査をお勧めします。

検査で異常がない場合、東洋医学である鍼灸治療で改善することが可能なのです。

2、東洋医学ではどのようにみる?

目の奥が痛い症状は「瘀血(おけつ)」といいます。
血の滞りとも言い、東洋医学特有の症状の概念です。

そして血が滞っている場合、片頭痛も同時に起こります。

「血(血液)」は、肝臓が貯蔵するという考え方をします。
西洋医学の肝臓とは概念が違います

肝臓がどこに血を送るのかという指令をだすのですが、司令塔である肝臓の働きが鈍ると、血が滞ると言われてます。 

そして東洋医学では、目と肝臓は密接な関係があると言われています。

3、鍼灸ではどのような治療をしますか?



東洋医学でいう「肝臓」の働きを活発にさせる治療を行い、血を巡らせるように鍼やお灸をしていきます。

瘀血といっても、どのツボを使って治療するのかは、お一人ずつ違います。
そこは、鍼灸師へお尋ねくださいね。


頭痛や、目の奥の痛みでお悩みの方。
鍼と灸のふくだでは、これら現代に多い症状を診る機会が多いです。

そして、たくさんのご来訪者の方が改善していきました。
お電話でのご相談だけでも出来ますので、是非お問い合わせくださいね。

 

頭痛でお困りなら鍼と灸のふくだへ

鍼と灸のふくだでは
 パソコンや事務のお仕事の方や、不規則な生活などで長年頭痛に悩んできた方をたくさんみております。
 また、冷えや肩こり腰痛などの諸症状へのご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。

〒683-0801
鳥取県米子市新開6丁目8-25
0859-34-6768