腰痛

このような腰痛でお悩みではありませんか?

  • マッサージや整体で腰を揉み続けてもその場しのぎになってしまう
  • 温めても良くならない
  • ぎっくり腰を起こす間隔が短くなってきた
  • コルセットを装着してないと仕事ができない
  • ギックリ腰になって仕事を休んでしまう

腰痛は腰の筋肉だけみても改善しません

長年の腰痛でお悩みの方。
腰へマッサージしてもその場しのぎですぐに元どおり。
そんな状態を繰り返していてあきらめてませんか?

一般的な腰痛治療とは?

  • 電気を当てる
  • 痛み止めのお薬を渡される
  • 腰をマッサージ
  • 腰痛体操の用紙を渡されるだけで具体的な指導がない
  • 骨盤矯正と称してキツイ刺激を受ける

よく知られているのは、このような感じでしょうか。

しかし、根本原因を見定めていないのでその場しのぎになることが多いはずです。

腰痛の場合
病院で受診し、画像検査を行った際
 ◯腰椎椎間板ヘルニア
 ◯脊柱管狭窄症
といった診断を受ける場合があります。

しかし、手術を勧められない場合は、上記の治療方法になってしまいます。

鍼と灸のふくだの腰痛施術は?

腰痛の場合
 ◯筋筋膜性疼痛
 ◯疲労性腰痛

そして、最近話題になり始めている

 ◯ストレス性の腰痛

大きくはこれらに分類して説明していきます。

これら全ては、原因と痛めかたがまったく違います。
一般的な治療法でなかなか良くならないのは、原因や痛めかたに合わない治療法の組み合わせだからです。

細かくお身体の状態をみていく時に ・姿勢の癖でどの筋肉が緊張しているのか ・なぜ腰が冷えてしまい、腰の筋肉が痛んでくるのか ・どのようなストレスで腰に負担が掛かっているのか これらを丁寧に診ていきます。

  • 姿勢の癖でどの筋肉が緊張しているのか
  • なぜ腰が冷えてしまい、腰の筋肉が痛んでくるのか
  • どのようなストレスで腰に負担が掛かっているのか

これらを丁寧に診ていきます。

患者さんの声

【最初はどのような症状がありましたか?】

 腰痛

【当院に通院するようになってどのような改善がありましたか?】

 腰痛がほとんどなくなった。職業柄、抱っこなどですぐ痛めてしまうが、定期的に通院することで、痛みが長引かなくなった。

【当院の鍼灸治療を受けてみてどうでしたか?】

 痛みの原因など教えてくれながら治療をしていただけるので、知れる事ができ、日常生活でも意識するようになって、ひどく痛むことがなくなり仕事がしやすくなった。定期的にお世話になっているので、自分に自覚のない所も治療してもらえたり、妊娠のタイミング、妊婦の体調管理、産後のケアと安心しておまかせできるので、すごく頼りにしています。

【当院の鍼灸治療をどんな人に勧めたいですか?】

 身体のどこかに少しでも気になる不調があるならぜひ1度治療を受けてみてほしいです。1度でも自分でわかるほど変化が実感できるので、受けてみるべきです。痛みもまったくないので、鍼に不安がある方も安心して大丈夫です!!

E.M様 29歳・女性・保育士

【最初はどのような症状がありましたか?】
  1. 産まれて初めての“ギックリ腰”全く動けなくなり困っていました。
  2. 空手演武、上下回し蹴りでの“バット折り両足スネ負傷”
  3. 道路凍結による“スリップ事故、首のむち打ち”
【当院に通院するようになってどのような改善がありましたか?】
  1. 腰のグキッとくるような激痛が徐々に治り姿勢の改善もして頂く。
  2. スネの腫れが一発で完治!!驚きの連続!!
  3. おもいっきり頭部を打ち、めまい、吐き気、首の腫れ、首回旋の不具合が完治
【当院の鍼灸治療を受けてみてどうでしたか?】

 まず自分の状態のわかりやすい説明、先生の鍼灸に対する独特のこだわりに共感でき、信頼して治療を受けさせてもらえました。これで先生さえいればこの先怖いものなし!!

【当院の鍼灸治療をどんな人に勧めたいですか?】

 体の不調や痛みだけでなくメンタル面からくる原因不明の諸症状に悩んでいる方にも良いのではないでしょうか。
ホンネは誰にも勧めず一人占めしたい!(笑)

※鍼灸の効果には個人差があります。

K.M様 41歳・男性・自営業

腰痛でよくある質問

ぎっくり腰ですが1回で治りますか?
お電話でのお問い合わせでよくある質問です。
1回でよくなる場合もあります。しかし、ぎっくり腰をする癖がある場合は、何回かは鍼灸を受けるが必要な場合があります。
椎間板ヘルニアですが良くなりますか?
椎間板ヘルニアと病院で診断され、腰痛・お尻から足にかけての痛みやシビレを当院でみる機会は多いです。
おおよそは楽に過ごせるようになります。
またヘルニアの場合は、早く良くなるために鍼灸と同時に日常生活でのセルフケアもご指導します。
ただし、麻痺があった場合は手術の必要があります。その際は病院で医師からの説明を受けることをお勧めします。
脊柱管狭窄症ですが良くなりますか?
脊柱管狭窄症と病院で診断され、立ち上がりで腰痛・お尻から足にかけての痛みやシビレを当院でみる機会は多いです。
ほとんどは楽に過ごせるようになります。
ただし、病院で医師からの説明を受けることもお勧めします。
ハリは痛くないですか?
当院では「鍉鍼(ていしん)」という刺さらない鍼を使用しているため、全く痛みはありません。
また、刺さらない鍼ですので、鍼が腰の神経へ当たったりすることもありません。
ご安心ください。
通院ペースは?
どのような状態かにもよりますが、最初の2〜5回ほどは週1回です。快方へ向かっていけば通院間隔を空けていきます。

辛い腰痛から解放され日々の生活を充実させませんか?

鍼と灸のふくだでは
原因を知っていただき、現状での課題や問題点を挙げていきます。
そして、生活習慣での注意のしかたなどもご説明します。

当院へお越しの方々は、改善する方向性をご理解いただけた場合、通院するごとに快方への兆しが見えるので、気持ちも前向きになっていきます。
気持ちが前向きになりますと、誰もが持ち合わせている「自然治癒力」が上がっていくので回復力がさらに上がっていきます。

長年の辛い腰痛を快方に向かわせ、痛みが楽になるだけではなく、仕事や趣味が出来るようになる生活を手に入れませんか?

お気軽にお電話にてお尋ねください。

当院地図

TOP