ひどい肩こり!薬で改善しないのはなぜ?

肩こりがひどくて、薬に頼ってる方は多いことでしょう。
どうしても耐えられない時、服用したほうがよいかとは思います。

しかし、その場では痛みが和らいだとしても、肩こりが改善したと言えるのでしょうか?

1、改善しない理由

薬というのは、抑制といって、抑え込む働きがあります。
代表的なのは、痛みの物質をブロックする作用です。

また、薬は段々身体が慣れていき効果が徐々に弱まっていきます。

そして、強い鎮痛作用のある薬は、副作用として胃を痛めることです。

消化器の機能が弱まると、自律神経の働きまで乱れていき、悪循環となります。

2、改善するには?

◯ストレスの改善
◯リラックス
これらは、よく目にする情報だと思います。

自律神経の働く時間帯に則した生活習慣です。
昼間は交感神経優位なので、お陽さんに当たり活動的に過ごす。

夜間は副交感神経優位なので、夜更かししない様、早めに就寝し十分にリラックスすることです。

また、東洋医学である鍼灸治療では、自律神経のバランス調整に長けています。

鍼灸を受けた晩は、「良く眠れて身体がスッキリした」と言われることが多いです。

肩こりでお困りの場合は、お電話でのご相談だけでも出来ますので、是非お問い合わせください。

 

肩こりでお困りなら鍼と灸のふくだへ

鍼と灸のふくだでは
 パソコンでのお仕事の方や、姿勢のクセなどで長年肩こりに悩んできた方をたくさんみております。
 また、肩こりに伴う頭痛などの諸症状へのご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。

〒683-0801
鳥取県米子市新開6丁目8-25
0859-34-6768