WHO適応症

WHO(世界保健機関)鍼灸適応疾患

WHO(世界保健機関)で有効性が認められている鍼灸適応疾患

<神経系>
各種神経痛、ヘルペス、メニエル症、自律神経失調症、めまい、しびれ
<運動器系>
五十肩、むちうち症、頸肩腕症候群、椎間板ヘルニア、ギックリ腰、変形性膝関節症、捻挫、腱鞘炎、リウマチ、筋肉痛、
<消化器系>
胃炎、胃下垂症、慢性肝炎、慢性腸炎、口内炎、痔
<循環器系>
高・低血圧症、動脈硬化、心臓神経症、不整脈、動悸、むくみ、冷え性
<代謝障害>
糖尿病、甲状腺機能障害、痛風、脚気
<呼吸器系>
風邪、気管支喘息、扁桃腺
<泌尿器系>
慢性腎炎、ネフローゼ、膀胱炎、前立腺肥大、
<婦人科系>
生理痛、生理不順、更年期障害、つわり、不妊症
<小児科系>
虚弱体質、小児喘息、かんのむし、夜尿症
<その他>
冷え、のぼせ、花粉症、各種アレルギー疾患、仮性近視

 上記以外の疾患でお悩みの方も、お電話でも伺っておりますので、お気軽にぜひ一度ご相談ください。