施術の流れ

① 問診

問診

 症状のみでなく、多岐にわたり尋ねます。解決の糸口になりうることが多々あります。大したことないと思うことが解決の糸口になる場合がありますので、何でもお気軽におっしゃってください。また、ご質問いただければ、ご理解いただけるまで説明します。

② 診察

診察

 脈とお腹とで、具体的にお身体の状態を把握します。症状について、どこで・何が・なぜ・どうなったか、を知ることが出来ます。

東洋医学の診察法

四診

1.望診
顔色や話し方、各動作などを目で確認する。
2.問診
発生から現在までの症状の経過、生活環境などを聞きます。
3.聞診
発声、発音の仕方や声の大きさ、咳やお腹の音などを耳で聞きます。
4.切診
お脈を診たり、お腹や筋肉の緊張具合を診て、お身体の状態を把握します。

③ 鍼(ハリ)治療

鍼(ハリ)治療

 先が丸くなったテイ鍼を主に使用します。無痛ですので、安心して受けていただけます。

④ 灸(キュウ)治療

灸(キュウ)治療

 心地よく、熱くありません。昔は「ヤイト」と呼ばれ、やけどをするイメージでしたが、鍼と灸のふくだでは身体の中から心地よい暖かさを実感されると思います。お灸治療は、4歳以上を目安としております。

⑤ 整体

整体

 鍼と灸のふくだが厳選した10種類の整体術の中から、お一人ずつの体質や症状に合わせて治療します。

⑥ 小児ハリ

小児鍼

 お子さんが怖がらないよう、お母さん(保護者)と一緒に楽しい雰囲気での鍼灸となります。お子さんには、鍼灸ではなく「面白いことをしでかす味方」と映ることが、安心感へとつながります。刺さない、さするハリですので、痛くはありません。